☆上肢と下肢の交差点☆

ダンスを通して、大切な貴方のコンプレックスを魅力に変えて、自信に満ち溢れた人生を送れるようにお手伝いをするダンスインストラクター、歩です🕺ブログ毎日更新❤

昨日は月に一度のアレクサンダーテクニークのWS。

無意識に入れている不必要な力を抜いて、楽に動ける(踊れる)研究をしています。

今回は、骨盤がテーマ。

骨盤って名前の骨はないので、どこからどこまでを骨盤と言っていますか?というお話から始まり、意識の擦り合わせをするんです。

骨盤って、上半身か下半身か、どちらのグループに属するか、考えた事ありますか?

立ってる時と座ってる時で、どちらのグループにも属するんです。

立ってる時は、下肢グループ。

座ってる時は、上肢グループ。

なるほどねー🤔

では、足の始まりはどこから?

座っている時の足の始まりは、付け根(股関節)だけど、立っている時の足の始まりは、骨盤(寛骨/腸骨)と背骨(仙骨)を繋ぐ、仙腸関節からだったのです。

だから、立ってる時と座ってる時で、骨盤がどちらのグループに属するか変わるんですね😳いわば骨盤は上肢と下肢の交差点。

足の付け根は仙腸関節(軸と繋がる始まり)からだと思えば、自然と足を動かす軌道がもっと大きくなりますよね。確かに、身体の前面(股関節)の意識はあっても、後ろ側(仙腸関節)の意識ってあまりなかったです。。。

でも、足を前にあげる時は、みぞおちあたりの大腰筋(足を前にあげる筋肉)の始まりを意識、アラベスクなど足を後ろにあげる時は、みぞおちのあたりの胸椎の一番下(背中を反ったりねじったりする時に一番動く場所)を意識するといいそうです。

小さな動きの時の足の始まりは付け根、大きな動きはみぞおちから

人体って、なんて奥が深いの✨

骨格模型が欲しいなぁ(出来れば仙腸関節が動くモデルw)‼骨がどこから付いてるか、どんな形をしているかとか、ずっと眺めていられそうwww

それに、骨盤はズレたり歪んだりなんてしないそうです。そりゃ、確かに大きくズレたら歩けないわよね。筋肉がむだに緊張して引っ張ってしまうだけ、なら納得がいきますね。

骨盤の形や仕組みを理解したら、もう迂闊に「骨盤の歪み」とか「骨盤を立てる」なんて表現、言えないですね💦

私は、骨盤を動かす時に、腰(背中)に不必要な力が入る癖があるのに気がつきました。その癖をやめられるように、意識したいと思います。指導者が無駄な力を入れて踊ってたら、受講者はもっと力を入れてしまうもの。。。大事なのは、頭への意識…ね‼

人間の動きは、骨で動いている。筋肉は、骨を動かす為に、付いている。

私は、このアレクサンダーテクニークのWSを受けるようになって、骨への意識が変わった。骨を知るのは、とても楽しいです♡

指導者の言葉掛け一つで、受講者の迷いを生んだりしちゃう。

学んだ事をアウトプット出来るように、もっと理解を深めたいと思います。

.

.

.


『でこぶろ』恒例❣おでこを出して運気上昇✨今日のおでコーナー♪

今日は、いきなりステーキじゃない1デコw

デコ仲間(一緒にデコって下さる方)募集w

今日も読んで下さり、ありがとうございました😊感謝を込めて。。。☆歩☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました